森永高滝カントリー倶楽部

モリナガタカタキカントリークラブ
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3322Y Reg: 3100Y Ladies: 2638Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104376354286
114421390330
125503472380
133ニアピン推奨ホール168136116
144333312289
154411380337
164ドラコン推奨ホール400389280
173181164147
185529503473
TOTAL36332231002638

ホール別解説

No.10 PAR 4Back376Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

左ドッグレッグのパー4。ティショットは約10yの打ち下ろしとなるが、右サイドの池には要注意。第2打は打ち上げとなり、ピンの根元が見えないので、位置を確認し、打ち上げを計算してクラブを選ぶこと。

詳細を見る

No.11 PAR 4Back421Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

距離のある難度の高いパー4。右サイドに落すとOBになる危険性もある。ティショットの狙い目はフェアウェイの左サイド、第2打目はグリーンの左サイドのOBラインが浅いため、右狙い。グリーンは左奥から右手前に傾斜している。アプローチは右サイドから。

詳細を見る

No.12 PAR 5Back503Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

ティショットの狙い目は、左サイドのバン力ーを避け右サイドへ。ポイントは第2打。左サイドのラフ、バン力ー群は絶対にに避けること。グリーン左手前の小山と杉がグリーンへのショットを阻む。右手前から左奥へ続くフェアウェイに対し、風やボールのライン、個々の飛距離に応じてどのラインを選ぶかがポイント。アイアンでレイアップする方が得策となる場合もある。グリーンは奥行きがあり、右サイドが2段になっている。

詳細を見る

No.13 PAR 3Back168Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

樹々と池に囲まれた美しいパー3であるが、各ティからは高低差があり、油断すると大きくスコアを崩す。ティショットのポイントは風を読むこと。グリーン奥が大きな池で遮るものがなく、樹で囲まれたティで感じる風とは異なる。グリーンは全体に左奥から右手前への傾斜で、左サイドからのアプローチは難しいので要注意。

詳細を見る

No.14 PAR 4Back333Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

ティショットは打ち上げ。右サイドはOBラインが浅いため、狙い目はフェアウェイ左サイド。右サイドはバン力ーを含め避けたい。第2打は打ち上げ、グリーンは2段グリーンで、ピンの位置を確認し、大きめのクラブで打つのが得策。第2打目の距離感がスコアメイクのポイント。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back411Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

ティショットは正面バンカーの右サイド、ロングヒッターは右サイドの斜面の中ふく部をショートカットできれば、ショートアイアンで狙えるが、斜面で止まるとつま先上がりのライとなり、左サイドがトラブルのグリーンに向かっての難度の高いショットとなる。グリーンは右奥から左手前に向かってスロープが入り、ピンの位置によって難度が大きく変る。

詳細を見る

No.16 PAR 4Back400Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

ティショットの狙い目は左サイドにある2つのバン力ー方向。右サイドはバンカーを含め避ける事。グリーンへは、セカンドショットは打ち上げとなるため大き目のクラブ選択が良い。グリーンは受けており、右サイドが2段になっているが、アプローチを含めて左サイドから攻める方が良い。

詳細を見る

No.17 PAR 3Back181Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

打ち下ろしのショートホール。ティグラウンドとグリーンは風の流れが異なる時があるので要注意。グリーンは右手前から左奥の形状、スコアメイクを考えるなら安全に右手前から攻めるのが得策。

詳細を見る

No.18 PAR 5Back529Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

ゆるやかにクラブハウスへ向かって打ち上げていく右ドッグレッグのパー5。ティショットの狙い目はフェアウェイのセンター。第2打は右バン力ーの左サイド。フェアウェイは緩やかな左足上がりのライなので左へのミスに注意。グリーンは9番ホールとのダブルグリーン、面は受けているのでピンの手前から上りのパットを残したい。奥からのアプローチは難しい。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方