八洲カントリークラブ

ヤシマカントリークラブ

ShotNavi情報の更新

Update[コース情報変更] 八洲カントリークラブ(2020-01-28) コース情報を変更しました

八洲カントリークラブの更新情報 >
コース画像

アウト詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3348Y Regular: 2985Y Ladies: 2292Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
14370349284
23214145123
34379342287
44345336276
55568524315
63ニアピン推奨ホール157132105
74430328220
84370335226
95ドラコン推奨ホール515494456
TOTAL36334829852292

ホール別解説

No.1 PAR 4Back370Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

フェアウェイが左に傾斜しているので、狙いは右方向。ただし、右サイドにはOBがあるので、右のマウンドは越さないように。バンカーは左・奥合計3つ。グリーンは奥から手前に傾斜しており、奥からは転がりが速く難しい。

詳細を見る

No.2 PAR 3Back214Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

全体に左への傾斜があり、右に落ちたボールも左に流れていく。グリーン左手前が下がっているので、左にショートすると打ち上げになる。また、グリーンオーバーするとバンカーがあり、このバンカーからの寄せは非常に難しい。左にはOBがあるので、安全に右目狙いをお勧めする。

詳細を見る

No.3 PAR 4Back379Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

レギュラーからは200ヤードのショットで充分に平らなところまで出る。第1打は左山裾狙い。フェアウェイの左右にあるバンカーは深いので、右目から攻めるのが無難。距離は短いが気の抜けないホール。

詳細を見る

No.4 PAR 4Back345Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

フェアウェイが右に傾斜しており、左から山の斜面が出ている。右目に打ちたくなるし右にいきやすいのだが、あまり右からだと第2打が池越えになる。ティショット目標は左前方の1本杉の右サイド。レギュラーティーから打ち下ろし分を引いて約160~170ヤードで平らな場所にでる。ワンオン狙いはかなり危険を伴うため避けたほうが良い。

詳細を見る

No.5 PAR 5Back568Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

ティショットの目標は正面フェアウェイの先のマウンド狙い。右サイドは距離が出ないとOBゾーンに落ちてしまうので注意。視覚的に圧迫感を感じさせるホールなので、いかにプレッシャーを払いのけるかが勝負。セカンドショットでは、左バンカー方向は非常に危険。フェアウェイが左に傾斜しているので、右ラフ狙いでもいい。あまり無理をしないほうがバーディーを狙える。

詳細を見る

No.6 PAR 3Back157Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

打ち下ろしのショートホール。高低差は約20ヤード。グリーン手前の左右にあるバンカーは深いので、ティからの眺めでもプレッシャーが感じられる。グリーンセンターを狙って確実に乗せておくことが大切。そのためには高低差を考えた上でのクラブ選択が重要。グリーンは2段グリーンで、中央が一番高い。

詳細を見る

No.7 PAR 4Back430Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

レギュラーからでも400ヤードを越えるし、2打は打ち上げにある。ティショットをミスると2オンが難しいので、確実な3オン狙いでフェアウェイをとらえたい。ティショットの狙いは右ラフとフェアウェイの境目。グリーン右にOB・バンカーがあり、バンカーもかなり深いので、左目狙いが無難。

詳細を見る

No.8 PAR 4Back370Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

ティショットはフェアウェイセンターより左目へ。右はプッシュアウトするとOBがあるので、方向には十分注意して左目に打っていくほうがベター。正確なショットが要求される。2打目は打ち上げで、約10ヤードプラス。グリーン右側は高くなっており、左側にはOB。セカンドショットの狙いは完全に右。フェアウェイにうねりがあるので、慎重にショットを。

詳細を見る

No.9 PAR 5Back515Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

ティショットは打ち下ろしで距離も稼げるが、左右にOBがあるので、どちらの方向にも大きな曲がりは許されない。正確なショットが要求される。レギュラーからの狙いは右ラフの木のやや左側。3オンは比較的楽なので、確実にフェアウェイ狙いで。グリーン左はOB・バンカーもあり右から攻める方が安全。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方