セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダ

セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダ

ShotNavi情報の更新

Update[コース情報変更] セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダ(2019-03-27) [イン]のコース情報を更新しました。

セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダの更新情報 >
コース画像

アウト詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3418Y Reg.: 3112Y Ladies: 2852Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
15482443427
24397367329
33180152120
44412376340
54411385358
64416390358
75572513486
83157129109
94391357325
TOTAL36341831122852

ホール別解説

No.1 PAR 5Back482Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

【フラメンコ】このゴルフコースにとっての、またスペイン物語にとっての序章となるホール。フラメンコの野性的で規則的なリズムが、フェアウェイの起伏やひるがえるスカートのようなバンカーによって奏でられています。これからの楽しさを予感させるホールです。

詳細を見る

No.2 PAR 4Back397Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

【アンダルシア】アンダルシア地方の砂丘を表現した大きなバンカーは、ヤシの木のような形でスペイン南部の穏やかな気候を表現し、マウンドぽ雪をいただくくネバダ山脈。グリーン周囲はこの地方独自のアンダルシアハットを表現しています。思わず興奮させられる設計です。

詳細を見る

No.3 PAR 3Back180Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

【ギター】現在最も有名なギタリスト、その名もアンドレ・セゴビア。そしてキュビスム絵画の中ででよくギターを描いたいたファン・グリスこの二人のスヘインの芸術家にちなんだホール。ギターのネック部分がバンカー、ボディがグリーンのユニークなホールです。

詳細を見る

No.4 PAR 4Back412Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

【クロスボウ/おおゆみ】“クロスボウ”は日本人にとっての刀のような存在。スペインの伝統的武器であり、象徽のひとつです。グリーン手前の矢型のバンカーや池がプレーヤーを圧倒しますが、ショットが安定していればそれほど難しいホールではありません。

詳細を見る

No.5 PAR 4Back411Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

【ゲルニカ】スペインの内乱で激しい爆撃を受けた町ゲルニカ。その様子を描いたパブロ・ピカソの絵からイメージを得たホール。飛び散る手足、グリーン奥からプレーヤーをにらみつける“一つ目”が印象的です。まずは花道にティショットを打って池を避けていきましょう。

詳細を見る

No.6 PAR 4Back416Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

【イベリア】“イベリア半島”型のグリーンを果敢に攻めていきたい、スペイン仏統の冒険心あふれるホール。グリーンば“地中海”を表現した池の中にせりだし、左手には“ポルトガル”のバンカー。 ピンポジションによってはかなりむずかしく、大胆なショットが必要です。

詳細を見る

No.7 PAR 5Back572Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

【マーベラ】コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)にある有名なリゾート地の名前のホール。しかし、池と大胆なバンカーがあるのでリゾート気分でのプレーは禁物です。スコアをまとめるにはショットの落下地点を選ぶこと。特にセカンド、サードショットのクラブ選択が重要です。

詳細を見る

No.8 PAR 3Back157Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

【ホアン・ミロ】ミロが好んだシンボルをかたどった特徴ある4つのバンカーがグリーンを囲んだホール。グリーンを捕えるにはドローをかけたいいショットが要求されます。グリーンは真ん中辺りが一段高く、その先が下っています。

詳細を見る

No.9 PAR 4Back391Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

【ダリ】このホールを攻略するには、ティショットは花道に、セカンドショットはバンカーを避けていくしかありません。これをはずれると、セカンドショットで常識はずれのことをやってしまうパラノイア患者になってしまいます。「ダリの絵のような」というわけです。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方