岐阜セントフィールドカントリー倶楽部

ギフセントフィールドカントリークラブ(旧名:セントフィールドカントリー倶楽部)
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3359Y Regular: 3188Y Ladies: 2565Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104391367294
114423403280
123ニアピン推奨ホール13512383
134358337271
145ドラコン推奨ホール544520440
154360348300
163218201148
175540529442
184390360307
TOTAL36335931882565

ホール別解説

No.10 PAR 4Back391Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

打ち上げのミドルホール。 ティショットの狙い所は左サイドにあるグラスバンカーの右フェアウェイ。 ホール右側に迫り出している林はOBのため要注意。 グリーンの左右手前にはガードバンカーがあり、グリーンは前後二段となっている。 打ち上げの距離を考慮し、やや大きめのショットで攻略を。

詳細を見る

No.11 PAR 4Back423Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

クロスバンカーの先から大きく左にドッグレッグし、やや打ち下ろしとなってゆくミドルホール。 ティショットの狙い所は、ロングヒッターはクロスバンカー越えの最短コースを。ただし、バンカー左の林と、前組へ打ち込まないように要注意。安全に攻めるならば、クロスバンカー右のフェアウェイへ。セカンドショットからは右サイドに続くOBに要注意。

詳細を見る

No.12 PAR 3Back135Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

打ち下ろしで距離の短いショートホール。 グリーン手前にはクリークが横切っている。 グリーン面は三方に窪地があり、ピン位置と同じ段にオンさせることが攻略の鍵。 地形的に谷筋に位置し、風の影響を受けやすいため、打ち下ろしの距離と風の計算を考慮し的確なクラブ選択を。

詳細を見る

No.13 PAR 4Back358Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

セカンド地点からやや打ち上げて、左にドッグレッグするミドルホール。 ティショットの狙い所はフェアウェイ中央だが、左サイドにある林がブラインドにならない位置まで運びたい。 フェアウェイは全体に右へ傾斜しており、右へ行き過ぎるとトラブルが待ち受けている。 正確なティショットが攻略の鍵となる。 グリーンは左右二段で縦長のグリーンとなっている。

詳細を見る

No.14 PAR 5Back544Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

フラットでやや左にドッグレッグするロングホール。 ティショットの狙い所は、フェアウェイ右サイド。 左サイドのOBには要注意。 このホール最大の難関は、両サイドOBで残り100Y地点までが急激に狭くなるセカンド地点。 ここを無事に切り抜けることができるかが攻略の鍵となる。 グリーンは中央手前部分が窪地の二段グリーンとなっている。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back360Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

谷越えでやや右ドッグレッグのミドルホール。 豪快な打ち下ろしとなるティショットの狙い所は、フェアウェイ右サイド。 ホールの左右手前に広がる谷には要注意。 セカンドからは打上げで距離感が重要となる。 セカンドで距離があるときは、左のフェアウェイに一度刻み、アプローチで攻略を。 グリーンは前後に二段となっている。

詳細を見る

No.16 PAR 3Back218Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

フラットなショートホール。 グリーンは前後に二段となっており、右にゆくにつれて距離が遠くなっている。 ティショットで、距離を正確に打たなければ右手前のガードバンカーにつかまりやすい。 またグリーン奥からのアプローチは難しくなるためオーバーは禁物。

詳細を見る

No.17 PAR 5Back540Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

サイドバンカーの先から左に大きくドッグレッグし、打ち下ろしとなってゆくロングホール。 ティショットはロングヒッターであればサイドバンカーの左サイドを狙い、最短ルートで攻めれば2オンの可能性も十分にあるが前組へ打ち込まないように信号機の合図をしっかりと確認すること。安全に攻めるならば、サイドバンカーの右フェアウェイへ運び、確実に3オン狙いで攻略を。

詳細を見る

No.18 PAR 4Back390Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

右ドッグレッグのミドルホール。ティショットの狙い所は、ロングヒッターであれば、右の林越えで最短ルートを。 安全に攻めるならば、正面に見える一本木狙いで。 グリーンは中央が高い縦長の二段グリーンとなっている。 グリーンの左奥へオーバーするとOBの危険があるため要注意。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方

東海環状自動車道 富加関IC 周辺