片山津ゴルフ倶楽部 加賀コース

カタヤマヅゴルフクラブ カガコース(旧名:片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 加賀コース)

ShotNavi情報の更新

Update[ゴルフ場名変更] 片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 加賀コース(2020-06-11) 下記ゴルフ場の名称を変更しました。 片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 加賀コース (石川県) 【ゴルフ場名称】 片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 加賀コース ⇒ 片山津ゴルフ倶楽部 加賀コース 【SNポケット収録名】 カタヤマヅGC カタヤマヅG カガ ⇒ カタヤマヅGC カガ 【SNポケット収録名(英)】 Katayamadu GC&G Kaga ⇒ Katayamadu GC Kaga

片山津ゴルフ倶楽部 加賀コースの更新情報 >
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3503Y Regular: 3249Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104390376
115502481
123203190
134409384
144345327
154433413
165590532
173205150
184426396
TOTAL3635033249 

ホール別解説

No.10 PAR 4Back390Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

グリーン奥に3つのバンカーが並ぶ。グリーンは中央がカマボコのように盛り上がっており、突っ込むと奥の3姉妹がにっこりほほえんで手招きしている。

詳細を見る

No.11 PAR 5Back502Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

ほぼ直線のロングホールで、グリーンは逆ハート型。そのハートのくぼみに食い込むようにバンカーが横たわり、行く手に立ちはだかる。さらに、グリーン左のマウンド裏には深さ2. 5メートルものバンカーが隠れているので要注意だ。

詳細を見る

No.12 PAR 3Back203Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

左に池、右に3つのバンカーがガードするグリーンの形は、巨人の足跡を思わせる。しかも2段グリーンとなっており、奥を狙うとボールがころがり落ちる。ピンの位置にかかわらず、グリーンの手前を狙いたい。

詳細を見る

No.13 PAR 4Back409Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

第1打の落下地点付近の左右にクロスバンカーがあり、この間を巧みに抜けないと先に進めない。道中に設けられた関所のような存在で、名付けて「安宅の関」。ピン位置に要注意。

詳細を見る

No.14 PAR 4Back345Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

グリーンは2.5メートルほどのマウンドでぐるりと囲まれ、セカンド地点からはピンの旗しか見えない。第2打は距離感をうまくつかみ、カンを働かせてのショットを強いられる。運、不運が交錯する加賀コースの名物ホールの一つ。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back433Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

グリーン右手前に、グリーンに匹敵する大きなバンカーがある。片山津の「サハラ砂漠」だ。花道はこのバンカーにさえぎられて左に大きく迂回しており、右へ持って行くとこの砂漠に捕まる。第1打、第2打とも左、左と攻めたい。

詳細を見る

No.16 PAR 5Back590Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

グリーン左のマウンドは頂上に白い砂がまかれており、雪がかぶった白山のようだ。ロングホールの緑の中に遠望する白いマウンドは、ひときわ映える。グリーンがやや逆L字型になっているので正確な第3打が要求される。

詳細を見る

No.17 PAR 3Back205Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

砲台グリーンの中央、やや左よりに突起したコブがあり、パッティングのラインにこのコブが入るとやっかい。池とグリーンの間には深さ3mものバンカーが口を開けており、ここには捕まりたくない。見上げると緑のトリデだ。

詳細を見る

No.18 PAR 4Back426Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

グリーン右の池からフェアウェイを横切って、せせらぎにも似たクリークが流れている。このクリークはみえないように設計されているのがミソ。最終ホールとあって設計者のテクニックが散りばめられた戦略性の高いホールとなっている。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方