札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース

サッポロゴルフクラブ ワッツコース
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3543Y Regular: 3228Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104407407
113234188
125535496
134415379
144360323
154434383
163ニアピン推奨ホール169147
175579529
184410376
TOTAL3635433228 

ホール別解説

No.10 PAR 4Back407Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

見た目よりも距離のあるミドルホール ティーショットはフェアウェー真中から右目が良い。左ギリギリだとグリーンから13ヤード位の木がスタイミーになり打ちにくくなります。セカンド地点150ヤード位から登りになってますので思ったより距離がある難しいホールです。グリーンオーバーは下り傾斜が強く下まで行くとトラブルショットになるので要注意。

詳細を見る

No.11 PAR 3Back234Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

グリーン手前に大きな白樺がある名物ショートホール 距離がある上に右に大きな白樺、左に池と難易度の高いショートホール。グリーン上はかなり受けているのでオーバーすると難しい。芝目はあまりないので見た目で傾斜どうりに切れます。

詳細を見る

No.12 PAR 5Back535Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

どこまでも真直ぐのロングホール 左180ヤード位にあごのあるバンカーがあるのでティーショットは真中から右目。セカンドはグリーン手前60ヤード位にバンカーがあるので左目。グリーン上は真中から左右に傾斜していて芝目が左から右なので、順目から打つ下りラインはとても早いので注意。

詳細を見る

No.13 PAR 4Back415Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

池が3つある右ドックのミドルホール ティーショットは見える右側の池の左目200ヤード位で残り180ヤード。セカンドショットはグリーン左手前に大きなバンカーがあり、ピンが見えない位のアリソンなので入れないほうが賢明。飛距離に自信のあるプレーヤーは185ヤードで池をクリアー。ただ飛びすぎると奥の見えない池に入るので注意。グリーンは真中だけが平で周りは全部ポテトチップ。芝目は右奥から左手前に早い。

詳細を見る

No.14 PAR 4Back360Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

距離の一番無い難しいミドルホール 323ヤードでミドルホールでは1番短いのですが、右側は200ヤード位まで2つの池があり、左側は200ヤード位にバンカーが。200ヤード位飛ぶと後はショートアイアンで打てるのですが、グリーンがかなり受けているのでオーバーすると難しい。グリーン上の芝目は下から上に行って傾斜と逆なのでショートパット要注意。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back434Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

軽い右ドックのミドルホール ティーショットは右の林に入れないようにフェアウェーセンターがベスト。セカンドショットはピンが左に切ってある時に左に外すとまずよらない難しいアプローチになるから注意。グリーン上は傾斜も芝目も左から右に行っているので見た目で良い。

詳細を見る

No.16 PAR 3Back169Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

距離感の合わせずらいショートホール 147ヤードのごく普通のショートホールですが、風が1番感じるホールでアゲンストとフォローでは5番から9番アイアンを使うくらい迷います。グリーンは2段グリーンでピンが左に切ってあると難しい。

詳細を見る

No.17 PAR 5Back579Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

ANAオープンでおなじみのロングホール ティーショットは広々と真中へ。セカンド地点は左足下がりでボールが上がりにくいライ、思ったより1クラブ下げてフェアウェー右目に打つ。グリーンからは遠くなるがその方がサードショットが打ちやすくなる。飛ぶ人は左の林越えを狙って2オンも可能。林が高いので木に当たるとトラブル。 このホールはANAオープンでもギャンブルホールとして紹介されています。

詳細を見る

No.18 PAR 4Back410Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

3段グリーンのいやらしいフィニッシングホール やや登りの真直ぐなミドルホールです。右200ヤードにバンカー、左160ヤード位に14番ホールの池が、ティーグラウンドからは見えにくいので注意。右バンカーの中心位で残り150ヤード。グリーンは3段になっているので距離をつかむのが大事。芝目は下から上に行っているので横についたショートパットは思ったほど切れない。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方