横浜カントリークラブ

ヨコハマカントリークラブ

ShotNavi情報の更新

Update[グリーン種別切替データ更新] 横浜カントリークラブ(2019-07-08) グリーン情報を更新しました

Update[コース情報変更] 横浜カントリークラブ(2018-09-25) [東コース アウト/イン]のShot Naviデータを更新しました。

Update[コース情報変更] 横浜カントリークラブ(2017-12-18) [東コース/イン]、[西コース アウト/イン]のShot Naviデータを更新しました。

横浜カントリークラブの更新情報 >

西イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3186Y Regular: 2957Y Ladies: 2756Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104450435418
114391343331
123149133122
135492460431
144369341300
155474466451
163150135125
174317290272
184394354306
TOTAL36318629572756

ホール別解説

No.10 PAR 4Back450Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

西コースの10番ホールは長く、軽い右へのドッグレッグになっており、ティーショットは左から右へのショットを打つプレイヤーに、セカンドは右から左へのショットを打つプレイヤーに有利となる。グリーンの前部分のマウンドと奥に向かっての傾斜がピンの側に打ちたいプレイヤーにとって2打目のクラブ選択を難しくしている。

詳細を見る

No.11 PAR 4Back391Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

谷越えのティーショットで着地点は上り傾斜。打ち下ろしのセカンドは左の深いバンカーに守られた捕えにくいグリーンへ打っていくことになる。フェアウエイからは左バンカーが気になるだろうが、グリーンの右と奥の芝が短く刈ってあるエリアからのアプローチはバンカーからのリカバリーと同じくらい厳しいショットになるだろう。

詳細を見る

No.12 PAR 3Back149Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

おそらく西コースでもっとも絵になるホールであり、平均的な距離のパー3である。池越えの、ドラマチックなバンカーに囲まれた、パズルピースのような形のグリーンに打つ。グリーンの正しい位置にボールを打たなければ3パットにつながる恐れがあるため、ショットの方向性と距離感が重要である。

詳細を見る

No.13 PAR 5Back492Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

メンバーにとっては一番短いパー5、チャンピオンシップ競技では長いパー4となる13番はやや打ち上げのティーショットから、2打目は左から右へ傾斜する丘にセットされたグリーンへのショットとなる。グリーンに奥行きがあるため距離感のミスは受け入れられるが、左右のミスは非常に難しいリカバリーショットを要求する。13番はパー4でもパー5でも十分に楽しめるホールとなっており、パー4.5として説明されるべきである。

詳細を見る

No.14 PAR 4Back369Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

丘越えのティーショットから谷越えのセカンドショットを打つ、平均的な長さのパー4。存在感のあるバンカーが緩やかなで小さめな2段グリーンの前後をガードしている。西コースのテーマに合わせ、グリーン左の芝を短く刈ったエリアからのリカバリーには巧みなアプローチのタッチが必要とされる。

詳細を見る

No.15 PAR 5Back474Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

美しい外観のパー5は大小のマウンドを取り混ぜた強いアンジュレーションを持ったホール。上級者は2打で届く可能性があるが、高台に位置した難易度の高いグリーンが待ち受けているため、ショートゲームのスキルがパワーと同じくらい重要視される。

詳細を見る

No.16 PAR 3Back150Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

眺めの良い16番ホールは多くを要求する平均的な距離のパー3である。高く位置したティーグランドから前後及び右に存在感のあるバンカーにガードされたテーブル面のようなグリーンへ打つ。やや砲台のグリーンに球を止めるにはショットの正確性と正しいクラブ選択が必要だ。また、西コースのテーマに合わせ、高いショートゲームの精度がバンカーや短く刈った芝からのリカバリーには求められる。

詳細を見る

No.17 PAR 4Back317Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

短めのワンオン可能なパー4。17番は谷越えのティーショット後、丘の上の難しく捕えにくいグリーンへ打つ。グリーンの近くにティーショットを打ちたいのなら、赤松の木と右バンカーの間の狭いルートを狙わなければならない。グリーンの表面が隠れているため、ピッチショットを打つ際には距離感と決断力が不可欠となる。左へのミスは禁物。

詳細を見る

No.18 PAR 4Back394Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

表示された距離より実際は短く、丘越えの左へのドッグレッグパー4である。ロングヒッターはコーナーをカットしてグリーンの近くへボールを打ちたくなるだろうが、積極性の代償は大きい場合もある。ロングヒッターにとってはティーグランドからは見えないフェアウエイセンターのバンカーが隠れている。このバンカーから、横幅のある2段グリーンに乗せられる成功率は限りなく低い。西コースの多くのホールの様に、平均的なプレイヤーにとっては様々なプレーの選択肢があり、ホールを上手く攻略するには考えたプレーが必要だ。幅広いレベルのプレイヤーに平等でフェアな機会を与える最終ホールとなっている。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • 2019-03-26たちょんぱさんストローク:0(東アウト/東イン:0/0)
  • 2018-12-12hiroさんストローク:97(東イン/東アウト:54/43)
    まるちゃんにあったぞー 詳細を見る >
  • 2018-07-31kasyさんストローク:89(西アウト/西イン:44/45)
    ドライバーのミスは1発のみ。力みなく絶好調だった。酷暑の中、体力が削られるラウンドも後半15番ロングでバンカー4発10打上がりで終了かと思いきや、16番(17番)でバーディー、17番(18番)でパー、18番(19番)でバーディーとあがり3ホールで根性の挽回。45回の上りは大満足のラウンド。 詳細を見る >
  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方

横浜新道 今井IC 周辺

保土ヶ谷バイパス 南本宿IC 周辺

JR横須賀線 東戸塚 周辺

JR東海道本線 横浜 周辺

    該当なし