オリオン嵐山ゴルフ倶楽部

オリオンアラシヤマゴルフクラブ

ShotNavi情報の更新

Update[グリーン種別切替データ更新] オリオン嵐山ゴルフ倶楽部(2018-11-14) 2グリーン情報を更新しました *ADVANCE2 FW,V1,ハローキャディには対応しておりません

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部の更新情報 >
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3510Y Regular: 3269Y Ladies: 2695Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104398377315
113170146120
124411356300
135597567465
144360342258
154421392350
165504479443
173227211139
184422399305
TOTAL36351032692695

ホール別解説

No.10 PAR 4Back398Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

フェアウェイは広いですが左サイドにはOBが続く平坦なホールです。 第1打は軽い打ち下ろしで、グリーンがストレートに見通せます。フェアウェイ右サイドにはイダジイやソウシジュの林があるのでフェアウェイキープを心がけて下さい。 また。ロングヒッターは左サイドにあるハイビスカスを形どったバンカーに注意して下さい。 グリーンは他のホールより少し小さめで、奥から下っていますのでなるべくグリーン手前から攻めましょう。

詳細を見る

No.11 PAR 3Back170Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

自然林に囲まれ落ち着いたショートホールです。  グリーンは縦長で左右はバンカーでガードされています。距離は短いので方向性を大切にティーショットして下さい。 特に左サイドのガードバンカーはアゴが高いので要注意です。 縦長のグリーンなのでピンの位置によってホールの難易度はわかれますが、基本的に手前から攻め、たとえショートしても上りのりアプローチが残り、ワンパットのパーも狙えます。

詳細を見る

No.12 PAR 4Back411Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

ティーグラウンドから見ると点々とバンカーがつづき、このバンカーより左には池があるので右サイドから攻めるのが安全です。 ティーショットの方向は、フェアウェイ右サイドの傾斜面中腹からすそ狙い。ティーグラウンド、セカンドショットとも打ち下ろしになりますので2オンは可能です。ただし、ピンポイントでボールを運ぶテクニックや微妙な距離感が要求されます。 第2打は池越えとなり距離のあるバンカーショットやライが悪ければグリーン手前の右サイドのフェアウェイに刻む勇気も必要です。 また、グリーンは横長で奥にはバンカーがありさらにその奥はOBになります。距離感を大切に攻めて行きましょう。

詳細を見る

No.13 PAR 5Back597Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

距離が最も長く、ストレートで軽い打ち下ろしのロングホールです。 グリーン後方のホール越しに見える山並みが美しく、またフェアウェイの右サイドには季節(4月~5月)になると「イジュ」の白い花が見られます。 グリーン150ヤード手前にあるバンカーの中には「イジュ」と「イダジイ」の木がありこのホールの特徴となっています。 このホールはフェアウェイは広いのですがティーグラウンドから左サイドにはOBゾーンが第2打目地点まで続いていますのでティーショットで力んだりすると、引っかけてOBになる危険があります。 距離が長いだけにセカンドショット、サードショットともバンカーなどを避け確実にフェアウェイキープを心がけてください。 グリーンは縦長で奥が高い2段になっていますのでピンの位置によって難易度が変わります。

詳細を見る

No.14 PAR 4Back360Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

第1打が谷越えで右ドッグレッグのミドルホール。 右に曲げると大きなマウンドがブラインドとなりグリーンが見えないので正面のフェアウェイバンカー方向を果敢に攻めたほうが得策です。 飛距離の出ない方は正面のバンカー手前狙いで、また、飛距離に自信のある方は、思いっきりバンカー越え(キャリーで220ヤード以上)を狙って下さい。バンカーの先はフェアウェイが広がります。 セカンドショットはグリーン左サイドにOBゾーンがありますので引っかけにご注意を。 グリーン上は手前の傾斜と中央付近にある微妙な「こぶ」2本に注意して下さい。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back421Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

グリーン後方の斜面に「カトレアの花」を形どったバンカーが美しく見えるストレートで平坦なホールです。 ただし、フェアウェイの左右はOBがつづき、第2打は池越えとなりグリーン正面と左サイドは直接池に面しているため、プレッシャーを感じるコースで最も難しいミドルホールの1つです。 距離も長いため、できるだけティーショットで距離を稼ぎたいところですが無理をしてミスをすると痛い目に遭います。その場合は、池を避けてグリーン右サイドに打つか、池の手前に刻むかしっかりクラブを選択してください。中途半端だと池に打ち込む危険があります。 また、グリーンはこのコースで1番の広さです。グリーンにオンしても安心はできません。グリーンオンさせやすい反面、ロングパットものこる可能性があります。

詳細を見る

No.16 PAR 5Back504Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

第1打落下地点までの両サイドにはナンヨウスギとバンカーでガードされ第2打目地点からは右ドッグレッグのロングホールです。 近道を狙わずフェアウェイをキープする事が大切です。ティーグラウンドから右に180ヤード付近と左に200ヤード付近にクロスバンカーがあります。距離を稼ぎたいロングホールではできるだけ避けたいものです。 また、第3打目地点にも左右にバンカーがあり特に右サイドの大きなバンカーには注意が必要です。 アプローチではグリーン正面にグラスバンカーがあり横長のグリーンの奥はOBになります。距離感を大切に攻めて行きましょう。

詳細を見る

No.17 PAR 3Back227Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

距離の長い池越えのショートホールです。グリーン右サイドと左サイドで高低さがある2段グリーンになっています。 グリーン奥にはバンカーが2つあり、そこに入ると前下がりの難しいバンカーショットになります。また、グリーン左サイド手前にも小さなバンカーがあります。 このグリーンもピンの位置によって難易度が大きく変わります。ピンが右側の位置だとグリーンをはずしてもアプローチは比較的簡単ですが左側だと距離感が難しくなります。 ティーグランドに立つと池がかなりのプレッシャーになりますが、グリーンに向かって果敢に挑戦して下さい。

詳細を見る

No.18 PAR 4Back422Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

正面にクラブハウスを見ながらのティーショットは広いフェアウェイに思い切って打てます。フェアウェイ右サイドには林があり、打ち込むと第2打目はグリーンが狙えなくなります。 フェアウェイからでも第2打はグリーン面が見えない打ち上げとなりますのでショートしないようにクラブ選択をしましょう。また、フェアウェイ左サイドからは池越えになるため、打ち急がずヘッドアップしないよう心がけて下さい。グリーンの左右にバンカーがあります。特に左のバンカーはあごが高く距離もありますので要注意。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • 2019-02-09やっさんさんストローク:86(イン/アウト:43/43)
    天候激変 詳細を見る >
  • 2018-12-02ヒロさんストローク:92(アウト/イン:48/44)
    相変わらず、パットが入らない。アプローチの距離感が合わなかった。 詳細を見る >
  • 2018-02-21名無しのゴルファーさんストローク:101(アウト/イン:49/52)
    今日は、石井さんと北川ジュニアと嵐山をラウンド。今日は、アプローチやパットの冴えなく、スコアを纏めることが出来なかった。昨日教わったスイングで、ティショットの空振りもしてしまった、 詳細を見る >
  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方