奈良国際ゴルフ倶楽部

ナラコクサイゴルフクラブ
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Blue: 3448Y White: 3111Y Ladies: 2170Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
105492468317
114422359263
124341319186
133203166110
144398377251
154397359305
16321316477
174445430233
185537469428
TOTAL36344831112170

ホール別解説

No.10 PAR 5Blue492Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

春にはティーグラウンド右手の数本の桜(ソメイヨシノ)の古木が花吹雪でティーオフを見送ってくれる。右サイドは急斜面の森でここへ落とすと脱出に苦労する。

詳細を見る

No.11 PAR 4Blue422Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

10番から11番への径路左手に広葉樹トチノキがある。同属のセイヨウトチノキはフランスではマロニエと呼ばれ、街路樹に使われる。栃木県の由来もこのトチノキからきている。ティーグラウンド左手は以前は高い樹木に遮られていたが、伐採された現在はネット越しはるかに生駒山を一望できる。セカンドショットは打ち下ろしで、グリーン奥には住宅が迫ってきている。

詳細を見る

No.12 PAR 4Blue341Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

12番へのオートロードを上がってゆくと両側に冬の花サザンカがたくさん植えられている。日陰なのに白い花、赤い花が盛んに咲く。12番ホールは短いが、途中に登り斜面があって齢とともに歩みが遅くなる。一息ついてから第2打の準備にかかるとよい。

詳細を見る

No.13 PAR 3Blue203Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

手前に茶店があるが、ここは12番を終えたパーティと1 5 番を終えたパーティが合流するのでいつも混みあっている。次のホールはどちらもショートホール。13番は14番とT字になっていて、13番グリーン奥には14番ホールのメタセコイアが聳そびえ、これに向かってティーショット。

詳細を見る

No.14 PAR 4Blue398Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

ティーグラウンドにはセコイアの巨木が3本あって、1本はいつかの台風で折れてしまった。メタセコイアと違って常緑樹であるが、木質は柔らかくて脆いそうである。前方にクラブハウスが見えるが、ここもグリーンは見えない。グリーンに乗ると奥の斜面にNIGCと手入れされた植え込みが目に留まる。

詳細を見る

No.15 PAR 4Blue397Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

打ち下ろし打ち上げのホールだが、グリーンまで一望できる。左手の浅い大きなクロスバンカーがアクセント。このバンカーの左前方に風呂桶としてよく用いられるサワラの樹がある。

詳細を見る

No.16 PAR 3Blue213Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

茶店に戻ってきて、これからが大事な最後の3ホール。ティーグラウンドへ向かう小道の右手古池の淵に朱モクレンの樹があり、例年大きな花が咲く。メンバーの某氏がホールインワン記念に植えられたと聞く。

詳細を見る

No.17 PAR 4Blue445Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

池(尼池)越え、右ドッグレッグの名物ホール。全国ベスト18ホールに選ばれたこともある。ビジターに自慢できるホールであるが、メンバーにとっては一番苦手なホールでもある。クロスバンカーは大仏の足跡。クスノキ林が新緑時に美しい。ティーショットは、右手のメタセコイアを狙う人(250ヤード)から池を避けて急がば回れ主義の人まで腕に応じて楽しめばよい。

詳細を見る

No.18 PAR 5Blue537Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

ティーグラウンド周辺はクヌギやコナラの落葉樹が残っていて里山だったことを偲ばせる。正面にクラブハウスを望みながら、セカンドショット、サードショットに向かう。堂々としたフェアウェイがラストホールの緊張感を和らげ、疲れを癒やしてくれる。グリーン奥の高台にはシダレザクラの古木がホールアウトするプレーヤーを見守っている。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方

第二阪奈道路 中町ランプ 周辺

近鉄奈良線 学園前 周辺