カナリヤガーデンカントリークラブ(閉鎖)

カナリヤガーデンカントリークラブ
コース画像

アウト詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3382Y Reg.: 3201Y Ladies: 2696Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
15489475434
24ドラコン推奨ホール426417355
34425397397
43ニアピン推奨ホール176148108
55585575515
64330298105
74388361313
83168147121
94395383348
TOTAL36338232012696

ホール別解説

No.1 PAR 5Back489Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

ほぼストレートなロングホール。第二打の組み立てがスコアメイクのカギとなる。残り230Y前後をツーオン狙いか。ここは朝一番、刻んで確実にバーディかパーできりぬけたい。ティーショットはバンカーに気をつけながらも右サイドからがよい。第二打にからむグリーン右手前の池は、池幅が30米あり目測を誤ると池につかまる。左のアリソンバンカーが池とともに砲台グリーンをがっちりガードしている。砲台グリーンなので距離をしっかりつかむこと。

詳細を見る

No.2 PAR 4Back426Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

距離のあるミドルホール・一打地点のフェアーウエイは馬の背になっているので右傾斜に気をつける。右クロスバンカーに入れたり、大きく左にそらすと絶対にパーは難しい。グリーンは真ん中が屋根状になっているので、ここは手前から攻めて絶対にオーバーに打たないこと。ピンが奥の場合はオーバーした方がよい。前半の攻略キーポイントとなる。

詳細を見る

No.3 PAR 4Back425Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

右ドックレッグホールでグリーンは見えにくいが、第一打地点右の林をいかに回避するかがカギ。左クロスバンカー方向に狙いたい。やや打ち下ろしの第二打はロングアイアンの勝負となる。フェアーウエイは広いので思い切ったショットで距離をかせぎたい。

詳細を見る

No.4 PAR 3Back176Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

ゆるい打ち下ろしの美しいショートホール。ティーマークによって距離の確認が必要。グリーン右サイドの渚バンカーと池は避けたい。グリーンは左から右に流れるのでここはフェードボールで攻めてみたい。(ニアピン推奨ホール)

詳細を見る

No.5 PAR 5Back585Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

Sドッグレッグホールのアウト名物ロングホール。コースなりに攻略すればバーディーも望めるが第二打の攻略がポイント。右の谷越えをショートカットで欲張れば、フェアーウエイが右傾斜しているのでしばしばスライスしてOBとなる。グリーン周りが狭くなっているので、ここはセンターから第三打勝負で攻めるのが、スコアメイクのカギとなる。

詳細を見る

No.6 PAR 4Back330Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

距離はないが谷越えのやや打ち上げホール。140ヤードの谷を越えれば残りは短い。後はグリーン左サイドの花バンカーに気をつければ、バーディーもとれる。グリーン奥が狭くなっているので、オーバーに打たないこと。

詳細を見る

No.7 PAR 4Back388Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

池越えのやや左ドッグレッグホール。左側はOBラインがあるのでフェアーウエイ右手から攻める方が得策。クロスバンカーは一つもなく右手は斜面になっているので安心して打てる。第二打は左右のサイドバンカーに気をつけたい。

詳細を見る

No.8 PAR 3Back168Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

ティとグリーンで勝負するショートホール。グリーン周りは広いが、グリーン前に立ちはだかるバンカーがこのホール攻略の壁となる。ティからグリーンはふらっとなので見た目より実際には距離があるのでクラブ選択を慎重に。

詳細を見る

No.9 PAR 4Back395Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

大きく右にドッグレッグした距離のあるミドルホール。フェアーウエイは広いが右側の山手檜林がせまってきており、左はOBラインがあるためティショットの狙いがポイント。右から攻めればグリーンがブラインドとなるので、ここは思い切って左クロスバンカー方向に打ちたい。グリーンは2段グリーン。ピンが上段の時は右サイドバンカーがきいて一層難しくなる。ピンが下段の時は手前からはやい。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方